アトピーで痒みが起きる前にすること

こんにちは。

アトピー改善ナビゲーター

英気治療院の阿部です。

 

 

このビデマガではアトピーを味方にするためにで「体の状態を読み解く」について7回に渡って私の考えをお伝えいしていきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

%e7%9b%b8%e8%ab%87

 

 

かゆみや辛さ以外の時症状が大切

肌に痒みが起きた時、痒みのことしか頭にはありません。

肌そのものに問題があった場合は、掻くことで解消されます。

 

 

しかし、掻いても治らない場合は、肌以外に原因があることが多いです。

そんな時は、肌の症状以外に起きている変化に目を向けると原因が見えてきます。

105-1

自覚しているのは都合が悪いこと

痒みなど感じている症状が一番感じやすいことです。

それは、自分にとって都合の悪いからです。

 

 

あまり気にならないことへは気がつきにくいのです。

なぜなら、特に問題として気づけていないからです。

 

 

そんな自覚する以外の原因こそが痒みの元だったりもします。

まずは、痒みを感じている皮膚の中に目を向けましょう。

 

 

筋肉や神経などが原因の場合もあるからです。

 

 

気にしない症状も体の状態を表している

痒みは体が異常を知らせるセンサーです。

その痒み感じた部位に異常があることが多いです。

 

 

ただし、深さまでは教えてくれません。

 

 

掻く以外にも動かしたり、触れてみてください。

そうすることで、気がつかなかった変化に気づくことができます。

 

 

105-2

体の変化にいかに気づくかがポイント

大切なのは、自覚していること以外の変化きに気づくことです。

それには、普段から辛さに触れていることが大切です。

 

 

そうすることで、体の感度が上がっていきます。

痒みを自覚する前に、違和感を感じるようになれば、痒みの程度や頻度は少なくなっていきます。

 

 

さて、いかがでしたでしょうか?

いかに自分の体に関心を持てるかが、大切です。

是非とも、症状が出る前から触れる機会を持ちましょう。

 

%e7%9b%b8%e8%ab%87   

次回はのアトピーを味方にするためにのシリーズで「炎症が治まった後に残る症状を見抜く」についてです。

お楽しみにしていてくださいませ

Facebook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事